画像またはタイトルをクリックすると星空文庫にジャンプします。

上から新しい順に並んでいます。

 

『滝壺生活』

四百字詰原稿用紙換算:110枚

 

男は滝壺で暮らしている。

滝壺にはヒトやモノが次々と無傷で落ちてくる。

 

『6分の2』

四百字詰原稿用紙換算:74枚

 

人間は6名。脱出ポッドの定員は2名。

生きる者と死ぬ者を、どうやって分ける?

 

『リールの回転』

四百字詰原稿用紙換算:96枚

 

スロプロ(パチスロで生計を立てている人)の退廃的な生活を描いた作品です。

時代は2010年頃(5号機の登場から5年目・初代エウレカあたり)を想定しています。

『殺意の死』

四百字詰原稿用紙換算:62枚

 

視点が切り替わっていくタイプの現代小説です。

若い男女の漫画家コンビの崩壊を描きました。

 

『魔王安倍晴明』

四百字詰原稿用紙換算:208枚

 

芥川龍之介の王朝物から本歌取りして、陰陽師たちの戦いを描きました。

『メロスとの併走』

四百字詰原稿用紙換算:71枚

 

皇居ランの途中で『走れメロス』の世界に迷い込むお話です。

『世界の一週間』

四百字詰原稿用紙換算:19枚

 

小学生向けに書いた短編です。

イメージしているのは「暗黒面に光を当てたイッツア・スモールワールド」です。

『乱歩への暗号』

四百字詰原稿用紙換算:250枚

 

昭和30年頃を舞台にしたミステリー要素入りの時代小説です。

雑誌ダ・ヴィンチの“第1回「本の物語」大賞”で3次選考止まり(最終の1つ手前)でした。 

『翡翠の塔』 <new!>

四百字詰原稿用紙換算:38枚

 

現実逃避がしたくて書いた幻想の世界です。

確か当時、失恋をしたんだったと思います。

『空切』 

四百字詰原稿用紙換算:29枚

 

「空切」とは、空中から布地を切り出す能力のこと。

心がキレイな頃(・∀・)に書いたファンタジーです。

『四羽の雛』

四百字詰原稿用紙換算:12枚

 

学生時代に書いた処女作。

荒廃した世界のちいさなものがたりです。